「練習ではあんなにうまく弾けていたのに!!」

と、いうのは、よく聞くセリフです。

せっかく練習したのに、本番で力を発揮できないのは、もったいないですね。

それでは、どのように練習すれば、克服できるのか。

まず、どうして緊張しすぎてしまうのか、、、。

それは、「いつもと違う雰囲気に慣れていないため」です。

よって、克服のための練習方法「その1」は、

「練習するとき、この緊張感に浸りながら、練習すること」です。

緊張感を感じられない人は、

一度、誰かに聞いてもらったり録音したりすると、

いつもと違う空気を感じて弾く事ができます。

そして、その緊張した体を思い出して、練習します。

部分練習や、リズム替え練習、ゆっくりの練習の時、

とにかくピアノに座っている間、ずっとです。

そうすると、

本番中、練習のように感じます。

練習の時は、本番のように。

本番の時は、練習のように。

次回は、「本番で 緊張しない 練習方法 その2」を書きたいと思います!