本番緊張してしまい、弾けなくなる理由のもう一つの理由に、

いつもよりも頭が冴えてしまっている場合があります。

いつもリラックスして、何気なく弾いていたメロディー。

流れに乗って、スイスイと出て来ていたはずのメロディー。

なのに、突然、出て来なくなった!!

次、どこの鍵盤弾くのか分からなくなってきたーーーっ!!!

どこーーーっ!!どこーーーーっ!!あーーーっ、今、どこ弾いているのーーーっ!!

なんてことが、本番にあり得るんです。

なぜか、本番は、やけに頭の回転数が速い

ので、いろんなことが気になってくるし、なにげなく〜っという流れが消えてしまう。

そこで、練習方法。

練習時に、とってもゆっくり弾く

でも、頭の回転は、そのまま。

練習方法その1のやり方も一緒にするのが効果的です。

本番の時のような緊張感を持って、ゆっくり弾く

結構、難しいです。

ゆっくり弾くと、流れがなくなるので、

なんとなくでは弾けなくなってしまいます。

確実に音を覚え、自信を持っていないと、フラつきます。

そして、途中からでも確実に弾けるようにする。

(途中からだと弾けなくなる人が、意外と多いんです。 )

これは、おそらくスピーチの練習も同じことが言えると思います。

何にでも通じる方法だと思います!